『オリエントの時計が恥ずかしい』と言われていますが、本当なのか!?


腕時計本舗が運営する『スマッシュウォッチ』編集長の前下です!

今回は、一部の社会人の間で「オリエントの腕時計が恥ずかしい」と言われている声を聞きましたので、オリエントは本当に恥ずかしいのか?をお客様から寄せられたリアルなレビューをもとに検証してみたいと思います!

セイコー・シチズンに並んで日本の腕時計の3大時計国産ブランドであるオリエントは、「品質の高さ」「お手頃な価格」を両立した文句なしに素晴らしいブランドです!

腕時計本舗でも、数多くのモデルを取り扱っており、おかげ様で大変多くのお客様へもご購入いただいております!

そこで今回は、ご購入いただいたお客様のリアルな評判とオススメモデルも合わせてご紹介していきたいと思います!

【調査結果】オリエントの時計のリアルな評判!恥ずかしいと思われる理由とは?

「オリエントの時計が恥ずかしい」と思われる人は特に社会人の方に多かったのですが、なぜそう思われるのでしょうか?

まずはオリエントの時計が恥ずかしいと思われるリアルな理由を調査してきましたので、詳しく解説していきます!

若者がよく着けているイメージがある


オリエントの時計が​人気の年齢層は、主に20代~30代の若い世代の男性です。新社会人が新しく腕時計の購入を検討する際には、お手頃な価格で一番初めに購入する時計として大変な人気があります。

ですが、サラリーマンの間で恥ずかしいと言われる理由としては、「若者がよく使っている時計を着けている」と思われたくない30代・40代の方が多いためです。

腕時計の知識があり、オリエントの魅力を知る人であれば、「若者が使う時計だ」という偏見も無いかもしれませんが、やはり新社会人がよく使っている時計というイメージはまだありそうですね。

逆に若い頃に購入したオリエントの時計をずっと愛用している人も多いので、「自分はもう30代だから...」といってオリエントの時計に恥ずかしさを感じる心配はされなくとも大丈夫だと思います!

実際にオリエントを購入いただく30歳以上の男性もたくさんいらっしゃいます!

低価格の時計が多く安っぽいイメージがある


オリエントの時計は、品質も申し分ない国産時計にも関わらず、低価格で手に入ることが一番の魅力です!

ですがその魅力の反面、「安い時計は恥ずかしい」と感じてしまい、デザインや機能は気に入っていながらもオリエントを避けてしまう人も意外と多いそうです。

そう感じる人はやはり30代・40代と年次が高い人に多いですね。社会的にも責任ある立場になり、周りに高級時計を愛用される方が多いと、低価格帯の時計が恥ずかしいと思われることもあるかもしれませんね。

文字盤やベルトが安っぽく見える


文字盤やベルトの作りが安っぽい時計に見えるという意見もありました。

ただそれとは真逆に「価格が安いのに美しい」という意見も見られたので、ご自身の感覚で「良い時計だ」と感じてただけるなら、間違い無いでしょう!

マイナーでブランドの魅力が知られていない


オリエントは、100年以上に長い歴史がある国産の老舗時計ブランドで、機械式腕時計の代表的な地位にまで上り詰めました。

機械式腕時計は電池交換が不要なことが最大の魅力ですが、その機械式腕時計の品質と精度の高さは世界的に評価を得ているブランドです。

ですが未だに「安かろう悪かろう」のイメージもあり、価格が安いのでその分だけの機能しかないと思われていることもあります。確かにオリエントの時計はお手頃な価格ではありますが、間違いなくスイスの高級腕時計にも引けを取らない精巧さで、その品質は確実に保証されています。

国産腕時計ブランド「オリエント」の本当の魅力

最大の魅力は機械式時計で最強のコスパ!

オリエントの魅力は『コスパ』に尽きます!

時計ブランドの中でも最も、高品質と低価格の両立に成功しているブランドであり、そのために「恥ずかしい」「安っぽい」という一部のネガティブな声が目立っているようですが、実際は地位も年代も関係なく非常に幅広い層から高い支持を得ているのが現実です。

1973年にオリエントは、「オリエントスター」という上位モデルの多くに採用されている「46系」と呼ばれるムーブメントを発表します。

セイコーから多くのクオーツが大流行した1980年代でも、オリエントから「46系」を搭載した機械式腕時計が輸出用として製造され続けていました。

このレベルの機械式時計は、海外ブランドの相場は安くても10万円以上ですが、オリエントの機械式時計はなんと!4万円台から購入可能なのです!!

この圧倒的なコストパフォーマンスがオリエントの最大の魅力ですね!

誰かと被ることが無い個性的なデザイン

オリエントのもう一つの魅力として、
あらゆるシーンで利用可能なスタンダードなデザインから、独創的でユニークなデザインまで幅広くモデルがあることです。

オリエントはデザインの幅が広くクラシックなスタイルで、カジュアルからフォーマルまでカバーするおしゃれなメーカーです。

1960年代には、石を大量に埋め込んだ「グランプリ」が独創的なデザインで多くのファンを魅了してきました。

スマートフォンのの普及に伴い、腕時計は時間を知るための役割と同時に、ファッション性を帯びたアクセサリーとしての役割も重視されてきている傾向があります。

オリエントは高品質で個性的なデザインでかつ、実用性のある時計が欲しいという方にピッタリのブランドです!

他社には負けないNo.1の機械式ムーブメント

オリエントの時計は、低価格帯モデル~最上位モデルまでのほとんどが機械式のムーブメントを採用しています。

それだけでなく、機械式ムーブメントの刻む美しい鼓動を感じられるようシースルーバックはもちろん、オープンハート、フルスケルトンなど時間を刻むテンプや歯車の動きを楽しむ工夫がされています。


以上の理由から、
機械式の腕時計で価格にこだわるならオリエントの腕時計が圧倒的におすすめなのです!

オリエントのオススメ時計をご紹介!

「オリエントの時計が恥ずかしい」という口コミがあると、いくらオリエントの時計を買いたかった人でも、どんな時計なら恥ずかしく思われないか気になるところだと思います。

ここでは、オリエントの中でも恥ずかしいと思われないオススメのモデルをご紹介していきたいと思います!

実際にご購入いただいたお客様の声も合わせてご紹介していきますので、購入を検討している方は参考にしてくださいね!

代表モデルのオリエントスター

オリエントの中でも最も人気がある定番モデルのオリエントスター。

オリエントスターシリーズは、
シックなデザインで、年齢に関係なく男性の落ち着いた魅力を引き出してくれます。

また、スーツに合うので、オフィスでも自信を持って使えるモデルが多いことが特徴です。
落ち着いた雰囲気の中でも、個性のあるデザインが社内の注目を集めます。

オリエントスター コンテンポラリー モダンスケルトン


オリエントスターシリーズの中でも特に人気があるモデルの一つが、コンテンポラリーシリーズです。

落ち着いた雰囲気のあるコンテンポラリーシリーズは、スーツにも相性抜群ですので、ビジネスシーンでも恥ずかしいと感じることなくオシャレに使っていただけることを保証します!

===================

【ご購入のお客様の声】

40代男性 ★★★★★
良い時計だなと素直に思わせてくれました。デザインは奇をてらわず飽きのこないものです。仕事使いのために買いましたが、祝い事につけていっても違和感はないでしょう。

40代男性 ★★★★★
この時計は小ぶりのケース径でしたが、付けてみると丁度良い大きさで視認性も良く大変気に入りました。当たりだったのか、精度4日で3秒前後でした。

30代男性 ★★★★★
特に文字盤がとても良いです。時間が思っていたより正確で驚きました。ロレックスも持ってますが、同等です。大きさ、重さも腕が細い私にはちょうど良い。子供のころオリエントをプレゼントされたけど、プールで盗まれて以来、またオリエントが欲しいと、ずっと思ってました。仕事用で使用します。

オリエントスター クラシック セミスケルトン


オリエントスターセミスケルトンモデルは、ムーブメントの中でも最も重要であり、最も美しい動きをする「テンプ」部分のみが露出するデザインとなっており、シンプルでありながらさりげないセンスを感じるモデルとなっています。

基本的な仕様に関してはフルスケルトンモデルと大きく変わりませんが、文字盤部分には品のあるカラーを採用しており、主張し過ぎないオープンハートが大人の魅力を一層引き立ててくれるモデルといえます。

ビジネスシーンでも全く違和感なく使用できるモデルに仕上がっています。

===================

【ご購入のお客様の声】

40代男性 ★★★★★
こういうのがずっと欲しかったので今回、思い切って買ってみました。機械式、最高にかわいい!スケルトンの部分から見える動きに見入ってしまいます。稼働時間がわかるゲージも結構便利だし、まだ少ししか使ってないけど正しく時間を刻んでくれてます。とても良い買い物をしました。大切にしようと思います。

40代男性 ★★★★
機械式時計入門用に購入しました。
クォーツの電池交換が面倒くさくなったのが理由です。
機械式>デザイン>予算>国産メーカーの順位でこの時計に決定しました。

30代男性 ★★★★★
高級感がハンパない!ビジネス用に購入しました。
とても品があり、画像で見るよりも高級感あります。
リザーブが残30時間を下回らなければ大きな日差はないです。なかなか良いムーブメントしてます。

オリエントスター クラシック スケルトン


セミスケルトンよりも更に高価で珍しいフルスケルトンです!

値段は決して安価なものではありませんが、美しい切削加工が施されたゴールドのムーブメント、駆動軸に施された美しいルビー、そして、絶え間なく刻む時計のビートなど機械式時計の魅力を堪能するための最高のモデルといえます。

オリエントスターの中でも特にムーブメントの美しさにこだわったフルスケルトンモデルは文字盤、裏蓋ともにスケルトン仕様となっており時計の心臓部分であるムーブメントがほとんどすべて見ることができるモデルです。

また、ベルト部分には落ち着きのあるレザーベルトが採用され、きらびやかでありながら落ち着きのある印象に仕上がっています。

===================

【ご購入のお客様の声】

60代男性 ★★★★
雑誌に載ってたこの機械式時計に一目惚れして購入しました。平日はスマートウォッチですが、休日はこの時計です。すごく綺麗な時計なんで、時計に負けない装い振る舞いを心掛けてます。

30代男性 ★★★★★
初めての機械式時計。スーツに合いそうなのをと思い、見た目重視で購入。大正解でした。ポイントも通常よりかなり多めにもらえたので、お買い得感もあり大満足。

20代男性 ★★★★★
満足です!初めてフルスケルトンの機械式時計を購入しました。見た目は非常に美しく写真で見るより高級感があります。機能性や耐久性については届いて間もないためまだ分かりませんが今の所不満はないです。

オシャレな普段使いも!クラシック サン&ムーン


文字盤にある昼夜のデザインが特徴のオシャレなデザインが人気のクラシックシリーズです。

シンプルでしゃれたデザインはビジネスはもちろん普段使いにも向いています

サン&ムーンは文字通り、昼と夜が盤面で分かるようになっている機能です。裏側もスケルトンになっており、見えないところまでオシャレを演出する配慮が施された素晴らしいモデルですね!

===================

【ご購入のお客様の声】

★★★★★
価格の割にずいぶん高級感があり、大人の時計という感じです。文字盤も写真で見るより、アイボリーに近い感じで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。また、立体感があり見ていて飽きないデザインです。ピンクゴールドのメッキは、デザインにマッチしていて嫌みがなく高級な感じです。ほどよい重さでクォーツにはない味わいがあります。

★★★★★
40代男性にプレゼントしました。
おしゃれ!かっこいい!どんな服装にも合う!と大変喜んでくれました。
見やすいですしサン&ムーンがポイントになっていて、とても素敵な時計だと思います。

30代女性 ★★★★
彼の誕生日プレゼントに購入しました(^_^)
購入後すぐに発送してもらえとても助かりました♪
彼にはまだわたしていませんが反応が楽しみです(^_^)

【オマケ】65周年に満を持して発表された最高傑作、オリエントスターモダンスケルトン

オリエント時計65周年を記念して発表された「オリエントスター モダンスケルトン」は長い歴史を持つ同モデルの中で最高傑作と呼ぶにふさわしいモデルとなっています。

モダンスケルトンとはフルスケルトンとセミスケルトンの中間にありながら、2つの仕様とはひと味違った都会的な雰囲気を醸し出すモデルです。

SNSでオリエントの腕時計を称賛する声をご紹介!

最後に、ここまで読んでもまだ「世間の評判が気になってしまって、オリエントの時計を使うのが恥ずかしい」と不安になってしまっている人へ

私の方でSNSを調査して、
オリエントの時計を称賛する人の声を集めてきました!

同じオリエントを愛用する仲間の声を支えに、
遠慮なく自分の好みの時計を使う勇気を持っていただければ幸いです。

~スマッシュウォッチ編集長 前下より~


↑個人的に好き(笑)

【結論】オリエントの時計は恥ずかしくない!

今回は魅力的な時計を作り続ける時計ブランド「オリエント」の魅力とオススメのモデルをご紹介してきました!

価格帯や年齢を理由に「オリエントの時計は恥ずかしい」と感じる方もいますが、それ以上に幅広い年代の多くの方が日本製の安心感や独創的なデザインから愛用しているブランドです!

確かにオリエントの時計はコスパも良いので若年層には非常にオススメのブランドであることは間違いありませんが、30代・40代の男性も沢山の方がご購入いただき、ご好評の声もいただいております!

オリエントは、「腕時計の持つ機械的な魅力」と「職人の思い」を感じることができると同時に、日本人の感性に訴えかける「奥ゆかしさ」を感じる不思議な魅力のある時計といえるのではないでしょうか。

時計好きなら、オリエントの機械式時計を一度は手にしていただきたいと思います!


⇒オリエントの時計を探しに行く